不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
Question

元不登校生の進路

Q-No.009546
2016/05/03 16:15
アイコン
こんにちは。久しぶりに投稿します。

不安でドキドキしていた大学生活もなんやかんやでこの春、無事に4年目に入りました。
そうなってくると今度は卒業後どうしよう?と毎日不安になっています。
周りの子達は就活に勤しんでいる状況のなかで、就活に力を入れられていない自分がいます。
合同企業説明会には行ってみましたが、その先に進んでいません。
就活が怖い、働くのも怖いです。働いている自分が想像できません。
ちゃんとしなくちゃ…と気持ちばかり焦っていて、不安でたまらないから、現実逃避ばかりしてしまいます。
大学生なのに、何やってるんだろう…。甘い考えなのはわかっています…。

友人に相談したところ、「まだ働きたくないなら、大学院や別の学校に行くのも考えてみてもいいんじゃない?そんな気持ちで就活してもすぐに心が折れちゃうと思う」というようなことを言われました。
でも、別の学校に行けるほどうちは裕福とは言えません。親にこれ以上迷惑はかけたくありません。

将来が不安で、最近はGWだというのにあまり眠れません。
卒論の方も頑張らなくてはいけないのに、全然手につかず…。不安で押しつぶされそうです。

不登校だった人はどのようなお仕事をされているのでしょうか?
不登校のお子さんを持つ親御さんでも構いません。
何かメッセージいただけたら嬉しいです。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.024465
2016/05/14 11:37
アイコン
こんにちは。
中学の頃不登校だったのですが、今回めでたく就職が決まりましたので(笑)、1例として私の進路を。

大学院に進学しましたが、修士だけを取って卒業する予定です。就職先は船を扱う会社です。
詳細は未だ不明ですが、おそらく設計をやることになるみたいです。

現在同級生たちは就活中ですが、多くの人間がユキさんと同じ悩みを抱いているように感じますね。
よく友人と進路について話すのですが、「自分のやりたい仕事じゃないと、今後上手くいかないのでは」と言う。
結局、どこにいけば自分は一番利益が得られるだろうか、不利益がないだろうか、と考えているから迷うんでしょうねえ。
私は学校で船について学んでいるので、じゃあ船でもやるか、と。
どこがどんな船を造っていて、どんな人たちが働いていて、どんな仕事があるのか全く分からないから、とりあえず合同説明会や、企業の個別説明会に行ってみた。
そうすると、「船の製造」と一口に言っても、船の形、エンジン、プロペラ、電線の配置であったり、工場のレイアウト設計、作業工程の管理、材料の調達だとか、様々な仕事があることを知った。
だから社員の方に、「こういう事がしたいんですが、希望は聞いてもらえるんですか」とか、「エンジン設計になると一生その仕事ですか、それとも他の仕事に移ったりもするんですか」だとか、色々と分からないところを聞いて行った。

まあ、就活中一度も自分の利益についてなんて考えていないんですよ。
私のいる学校はいわゆる名門(笑)大学ですから、大企業の推薦も山ほどくる。
だから、自分の利益を考えると、ものすごく迷っちゃう(笑)。M重工だとかTヨタだとか、給料はやっぱりいいですからね。
またどんな大企業でも不安の種はあるものですから。将来性がどうとか、待遇がどうとか。そういう自分の不利益を考え出すと決められなくなるんですね。
私が迷った会社は最終的に二つで。一つはインターンシップでお世話になったから、恩返しに入りたかった。もう一つは大きい仕事ができそうな会社で、1流の人間になるならここだと思った。
結局後者に入れていただいたんですが、別にどちらでも全く良かったと思いますよ。あみだでも良かったぐらいで(笑)。
結局社会に大きく貢献できる人間になることを優先して、後者を選んだんですがね。


院への進学についてですが、私は社会に出た方が良い気がしますね。
私の時は「院へ行った方が良い推薦がもらえる」という評判でしたが、実際は学部生と変わりませんでしたし。
院ならではの経験なんて言いますが、社会ならではの経験もあるに決まっているから、天秤にかけるのはバカらしい。

あと、ユキさんのご友人の言葉はいかにも学生らしい言葉だという印象ですね。
何をするにしても自分の気持ちを優先するのが学生ですから(笑)。
私が不登校だったのも、気持ちを優先したからなんですよ。
「行きたいと思っているけど行けない(行きたくない)」とか言ってました(笑)。この短い言葉の中に、2回も自分の気持ちが出てくるんだから大したものです(笑)。


実際の話に戻しますが。合説に何度か参加なさったことがあるようだからご存じとは思いますが、あれって何にもわかんないじゃないですか(笑)。
でも個別の説明会に行って、工場見学もして、懇親会で社員の方が仕事されている様子なんかを聞くと、ようやくイメージが固まってくる。
それをしないうちは不安で仕方ないと思いますよ。何も知らないんだから、興味なんて最初は無いに決まっているんです。知らないと興味なんて湧いてきませんよ。


何にも興味がわかない、不安に押しつぶされそう、行動できない、ってのはつまり教養が足りないんですよ。
経済や政治の知識じゃなくて、本物の教養。
自分のことしか知らないなら、押しつぶされるのも当たり前で。
教養のある人って一人で生きていないんですよ。先人達の行動を知り、涙を知り、哀しみを知っている。そうして先人の美しい魂と共に生きているんです。だから強い。弱い自分がいても、そこでめげずに生きていける。
しかし今の人はろくに読書なんてしませんから。
文学部の人間と話をしても、どうも話が合わない。なんでかと思っていたんですが、「読書は楽しむものだ」なんて言いやがった。そりゃあクズになるに決まっている(笑)。
読書は先人を知るために読むんです。弱い自分を抑えるために読むんです。楽しみももちろんあるけれど、中心にあるのはそれじゃない。むしろ苦しむものですよ。
われわれの悩んでいる問題なんて、先人が経験しているに決まっているんですよ。それをどう乗り越えてきたかが書いてあるのに、なぜ読まないのか。
読むってしんどいことですからねえ。それが嫌なんでしょうが、もうそうなっては人間というより動物ですね(笑)。


根本的な勘違いが山ほどあるように見えますよ。でもそれは皆そうで。読まない人ばっかりですからね(笑)。
読んでいけば必ず役立つ人間になっていくに決まっている。強靭な人間になるに決まっている。それは先人も同じように読書で鍛えてきた歴史的事実から分かるんです。


不安だから行動していくんです。リクルーターとのアポイントも、メールすればいいだけですよ。「どんな会社かもっと詳しくお聞きしたいのですが、何か機会はあるでしょうか。」と言えば返事は返ってきますよ。
充実した気持ちって、大抵行動した後からついてくるものですよ。



参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 コメントありがとうございます。
もう、この投稿には回答がつかないと思っていたので、
気がつくのが遅れてすみません。

実体験も含めて、いろいろと書いてくださってありがとうございます。
参考にします。

回答、ありがとうございました。



回答一覧
A-No.024380
2016/05/05 21:53
アイコン
こんにちは。ユキさん。

ユキさんはアルバイトの経験はありますか?
とりあえず、いろんなところでバイトするところから始めてみてはどうでしょう?

就職したら、バイトはできないし、
若い頃、バイトでしかできない仕事もあります。
いろんな仕事や業界ものぞき見できるし
なによりお金になります。

何かの格言に、明日のことを心配するより
今日できることをしましょうと書いてあって
そうだなーと思いました。

体を動かして、経験を積むと、不安を感じてる暇もなくなるかと。

バイトでもインターンでもボランティアでもいいので
知らないところでちょっと働いてみては?

クビになっても失敗しても、言いかたは悪いですが
どうでもいいというのも、バイトのいいところです。

ちなみに私の直接の知人で高校に行ってなかったという人は
現在新聞記者です。
あとは福祉関係の資格をとって働いてるという人も知ってます。

不登校経験のない人の人生がいろいろであるように
不登校経験者の人生もいろいろかと。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 こんにちは。
コメントくださり、ありがとうございます。
誰もコメントしてくれないかと思っていたので、メッセージいただけてすごく嬉しいです。

アルバイトは学内ではありますが、いくつかやっています。
でも、バイトをしていても自分の中でどうも自信に繋がっていないというか、
将来、仕事をバリバリ(?)やっている姿を想像できずにいます。
学内バイトだからかな…。

知らないところで働くという考えはなかったので、なるほど!と思いました。
ありがとうございます。

「明日のことを心配するより
今日できることをしましょう」もいい言葉ですね。

元不登校の人で、大学卒業後のロールモデルが身近に
おらず、余計に不安になっていたので、今回書き込みました。
simaumaさんの身近にいる不登校経験者のことを教えてくださり、ありがとうございました。
お話きけて良かったです。

今回は本当にコメントしてくださり、ありがとうございました。