不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県
Question

春に想う

Q-No.010809
2017/03/30 15:38
アイコン
先日、娘の中学の校長と面談をしてきました。
3年に進級するに当たり、欠席数が一定数を超えている生徒は、校長と面談することになっているとのことす。

当初は、私だけの予定でしたが、娘を誘ってみたところ、一緒に行くことになりました。
誘ったのは、最近の娘の様子をみて、そろそろ大丈夫かな、と思った事と、校長が、不登校の生徒や保護者に対して、理解がある方だと娘も私も知っていたからです。
娘も、校長とだったらと、学校に行く気になったのかもしれません。

面談で校長は、3年生になるけれど、一番大事なのは無理をしない事。
教室には、無理にもどるようなことはしなくて良い事。
ただ、義務教育を終えるという事で、この先のことを考えなければならないという話をされ、これからの事どんな風に考えているかと娘に質問されました。
娘は、直ぐに「進学します。」と答え、校長は、どんな学校がいいのかな?との質問に、「個性を尊重してくれる学校がいいです。」と即答しました。
しっかりとした考えがあることに、また、家族以外に、自分の思いをきっぱりと伝えられたことに、目頭が熱くなりました。

校長が話してくだった中でも、私が印象にのこったことは、勉強よりも生命力、生きる力が一番大事という事を、話してくださいました。
自分が望むなら、高校に行ってから友達との仲を深めることもできる。
仲間であっても、時には声を荒げて思いを伝えることも大事と、そのことも覚えといてね。とも言ってくださいました。

校長の話が終わるころには、娘の表情も穏やかになっていました。
久しぶりの学校、校長室で素敵な時間を過ごせたことに感謝です。

学校からの帰り道、娘は、辛いとか、誰かに助けてほしいっていうのは、もう過ぎた。
サポートされる側から、サポートする方になりたいと言っていました。

あと中学生活1年間、彼女なりに今しかできない事。できる事を見つけてくれたらと思います。受験やいろいろあるけれど、大丈夫って思えました。

要らぬこと言って、娘を追い込んでしまった時期もありました。辛かった時には、今のように思えることは、全く想像できませんでした。

まだまだ、私たちは渦中だけれど、この先、また、つまづいても、その時は、ゆっくり休めば大丈夫と声をかけてあげようと思います。

春になり、辛い思いの方も多いと思います。でも、あきらめないでほしいと思います。
自分のペースで力を蓄えて時期が来れば、自ら動き出せます。その日は必ず来ます。

長文になり失礼しました。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.027035
2017/03/31 06:41
アイコン
にゃんちゅうさん、おはようございます。
19歳の専門学校に通う長女とこの春新たな第一歩を踏み出す16歳の次女の母です。次女には手足に障害があります。中1の時にいじめに遭って校舎の階段から突き落とされ意識不明で緊急搬送され自力歩行ができるようになった今も左足と左手はまひが残り杖をついています。この3月まで特別支援学校に通っていました。4月から長女が卒業した通信制高校の動物コースでトリマーの勉強を始めることになりました。トリマーになるのは次女の幼稚園の頃からの夢でした。辛い思いをし一時は諦めざるを得ませんでしたが娘本人から勉強がしたいと言い出しました。

次女が特別支援学校に転校する前の学校の校長先生は不登校の生徒がいることがわかれば学校の評価が落ちるとか何が何でも学校に連れて来いとか言われ、いじめではない、階段で肩が触れただけだという主張を繰り返すだけでいじめとは認めてくれませんてました。
私たち夫婦は私たちが守りますと宣言しました。
娘さんのことを理解してくれる校長先生で良かったですね。羨ましいです。娘さんはきっと夢を見つけて歩いて行ってくれると思います。
うちの次女は自分が頑張ることで辛い思いをしている子や障害を持つ子たちを励ましたいと言います。少しでもうちの娘のことをお話することで勇気と元気を与えてあげられたらと思います。
第一歩を踏み出す娘さんの勇気はこれからきっと娘さんのパワーになると思います。
これからも見守ってあげましょうね。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 なみさん
初めまして。コメントありがとうございます。
娘さんのお話、どんなに悔しくて、辛かったか、言葉には尽くしがたい思いに、胸が傷みます。
でも、今は自分の夢に向かって進まれている姿は、私達にとっては、大きな励みとなります。娘さんがここまでになるには、なみさんやご家族の方のサポートを思うと…。
私なんか申し訳なく思います。
たまたま、理解のある校長だったのは、本当にありがたいと思います。
色々な方に支えられ、今の私達があります。
こちらのサイトでも、皆さんから温かい言葉で勇気付けていただきました。
これからは、娘と少しずつ何らかの形で、
返す事ができたらと、考えています。
なみさんや娘さんが夢を叶えることを、
応援させていただきます❗