不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
Question

やっぱり私はわかってなかった

Q-No.011507
2017/11/01 07:01
アイコン
高1の息子のことでまた、相談させてください。
(今までも相談させてもらっていましたが、またつらくなったので書き込みします)

中一から不登校になり、不登校だった子でも高校からやり直しができる、3年から4年で卒業できる単位制の高校に進学しました。
いろいろな高校に見学に行き、息子自身が決めたものだと思っていました。まただからこそ、高校に入学してからも通っているものと思っていました。

しかし、10月になり、また学校に行けなくなりました。
10月半ばには障害の次男とおもちゃを巡って喧嘩をし、私の中で何かが壊れました。
もうあらゆることをやってみても、3年間待っても、息子は変わらない。私だって人が怖いけど仕事に行ってる、これだけやってるのに、なんで学校にいけないの?自分で決めたところじゃないの?
人が怖いからって、ipodを買ったりして人の声が聞こえないように工夫したり、同年代にあるのが嫌なら、2時間目から学校に行くなど、時間を工夫したらどう?と私や担任、学年主任との面談などでも提案しましたが、まだ学校に行けずにいます。

レンタル店で漫画を借りたり、図書館にはいっているようですが・・・。

昨日、「もういい加減にしてよ!」と私が爆発してしまいました。
義務教育と違って、必要単位が取れないと、卒業できないこと、(これが高校に入ってから学校にいけない理由の一つでもあります)この先どうやって生きていくんだという不安、何かあれば理由をつけていかなくなるというのは、どこに行っても環境を変えても、自分が変わらないと無理なんじゃないか、でもそれはどうやったら克服できる??など息子と話ししました。

息子は「お母さんは人が怖いっていう気持ちがわかるっていうけど、本当はわかってない」と言われました。
確かに、そういいましたし、学生時代は感情がないような感じでただ学校に行っていましたが、本当に行くだけで勉強も身に入らず、人の目が怖くてたまりませんでした。

「学校が怖かったけど、私は行っていた(なのになぜあんたはいけないの?)」という気持ちがあったんです。
そこを息子に言われてはっとしました。

同じじゃないやんと。
3年ほど学校に行ったり行けなかったりという息子の気持ちはすべてわかったということはできないですが、理解しようとしていました。
でも、どこかで「私は学校も仕事にも行ってるのに、なんであなたは・・」という気持ちがあったんです。

スクールカウンセラーの先生のところにも、昨日は息子は行きませんでした。「何時に行けばいいかわからなかったから」と。
毎週、次回の時間を決めてるようなのですが、先週はそれがなかったし、別に行きたいとも思わなかったというんです。

「カウンセラーの先生に話したところで、僕の気持ちはわかってもらえないと思うから」と、スクールカウンセラーの先生と面談することで何かが変わるかと思いましたが、ダメでした。

息子は何度も死にたいと思ったけど、死んだらお母さんは自分を責めて余計につらくしてしまうから、生きてる。これからも生きていこうと思う。と言ってくれました。

こんな毎日が一生続くわけがないし、絶対生きていたらいいことがあるからって、何度も息子に言いましたが、どこまでわかってくれたのか・・・。それに本当に息子の今の状態が、終わる日がくるのか・・・。昨晩は前向きなことを言ってしまいましたが、一晩たって、昨日と同じ朝なことに、不安になってきました。

なんでこんな風になってしまったんだろうと、息子が小さい時を思い出して泣けてきます。
無邪気に遊んでいる写真、小さな服。もしやり直せるなら、やり直したいです。

今、息子にできることって何がありますか。仕事から帰って一緒にご飯を食べるぐらいしかないような気がします。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.028557
2017/11/06 15:10
アイコン
きむちです。
再び失礼します。

私の回答にお返事いただき、ありがとうございます。
日頃の、あなたの心の収まりが難しいようですね。
私も、長男が小学5年生の時に不登校が始まって、いろいろなんとか過ごして、現在は18歳にして単位制の高校を中退しました。

あなたの耐えられないお気持ち、よくわかります。

私が先日読んだ本なんですが、とても参考になると思いました。

「不登校から抜け出すたった1つの方法」 菜花 俊 著

不登校というものの捉え方や、お子さんへの接し方もわかりやすく書かれています。
amazonでも検索できます。
一度読んでいただければと思います。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 お礼を記入します(投稿者のみ)



回答一覧
A-No.028529
2017/11/02 13:05
アイコン
はじめまして、きむちと申します。

お母さんのお気持ち、すごくわかります。
毎日の息子さんの様子を見て、どんどんと不安が膨れ上がってきますよね。

でも、息子さんを責めないでください。
今、息子さんは精神的な心の脱皮をしようとしているのだと思います。
精神的に成長をしていく段階で、息子さんにとっては大切であり必要な時間を、今過ごしているのだとお考えください。
何もしていないように見えますが、重要なことをやっています。

息子さんの不登校について、以下のように認識してください。
①学校を拒否しているわけではない。
②精神的な病気ではない。
③「怠け」ではない。
④成長発達の上での問題と考えなければならない。
⑤現在は心理的な「脱皮」の作業をしている。
⑥本人にとっては必要な時期である。

根底には何かしらの「不安」があることが考えられ、学校に対して特別な「すくみ反応」を起こしている神経症的な問題だと思います。

お母さんにとって、不登校は「困ったこと・悪いこと」というネガティブなもののように見えると思いますが、息子さんにとっては「必要なこと・大事なこと」なのです。
ポジティブに捉えてください。

今の息子さんの状態の認識を、上記のように捉えらえてください。

そして、息子さん本人にも、お母さんの口から、上記①から⑥までの内容を、お母さんの言葉で伝えてください。

お子さんは、何もしていないように見えますが、自分の心と向き合って大切な時間を過ごしています。
心に力が戻ってきたら、必ず自ら学校へ脚を運ぶようになりますので、今はじっくり焦らず待ちましょう。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 きむちさん、メッセージをありがとうございました。
今の状況が地獄のような闇にいる感じでたまりません。

不登校を前向きに考えるようなアドバイスをありがとうございました。
毎日ゲームやテレビで過ごす息子を見ては、泣けてきました。息が詰まりそうです。

何を考えているのかわからず、通勤途中に目にする高校生を見ては、「なんで・・・」という気持ちでいっぱいです。

なかなか私が前向きに、肯定的に受け入れることは難しいかと思いますが、少しずつ考え方を変えれたらと思います。
ありがとうございました。



回答一覧
A-No.028527
2017/11/01 16:47
アイコン
こんにちは。投稿読ませていただいています。

私も昔は人が怖くて学校も社会も苦痛で苦痛で仕方が無い時代が長くあったので、ポン酢さんの事、他人事には思えず投稿させて頂きました。
ポン酢さんは頑張って乗り越えてこられて来たんですね、そして今も色々な事を抱えながら頑張っていらっしゃる。

そんな姿を息子さんはちゃんとしっかり見てくれていると思います。頑張らなきゃって思っているのは本当だと思います。それでも今はまだ動けないんでしょうね。

先の事を考えると不安になります、我が家も一緒です。でも焦ってもしょうがない、追い詰めてしまうだけだと思います。
その子その子のペースで人生歩んでいけば良いんじゃないかな。
周りを見てしまうと不安になる事しばしばですが、そんな時はこちらのサイトの皆さんにお話聞いてもらいましょう。

我が家にも単位制の高校に籍を移した高2の長男がいます。一年留年したので18歳ですが。
学校によって違うかもしれませんが、息子の学校は説明を受けた時に
「こちらの学校は色々理由があって来ている子もいます。それこそ10年かけて卒業した人もいますよ。」
って言われました。
本人が高校卒業の資格がどうしても欲しいというのであれば、時間はかかるけど少しずつ単位を取っていくという方法もあるという事です。(息子さんの学校がどんなシステムの学校かはわかりませんが)

「なんでこんな風になってしまったんだろうと、息子が小さい時を思い出して泣けてきます。
無邪気に遊んでいる写真、小さな服。もしやり直せるなら、やり直したいです。」

私も幾度も思いました。でもその時は精一杯やってきたはずです。
今は目の前に居る子ども達を少しでも笑顔に出来る様に、一日一日を大切に過ごしていければと思っています。

また心の中が重たくなったら吐き出して下さい。一人じゃありませんよ

参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 はるさん、メッセージをありがとうございます。まだ私は”人が怖い”という気持ちが払拭できずにいます。

特に学生時代は教室に行くこと、休憩時間に座っていることが苦痛でたまりませんでした。勉強どころではなく、常に人の目にさらされているような感じで、帰ってからぐったりしていました。今も時々そうなります。
でも学生時代と比べて、いろいろな年齢や価値観の人がいるので、少しは生きやすくなったと思います。

息子の学校は大学のように74単位を3年もしくは4年でとれば卒業できます。今年度はほとんど単位を落としてしまうと思いますが、その分来年、再来年に受講しないといけないので、受験を考えているのなら、受験勉強も入ってくるので、時間割がびっちりしたものになってしまいます。

話が飛びますが。
今息子が近くにいるのですが、息が詰まりそうです。
「毎日何やってるの」「たまには外に出れば?」などと言ってしまいそうで、しんどいです。

こんなので、私は爆発しないで3連休も過ごしてやっていけるのか、自身がありません。

いっそ連休なんてなく、仕事に行っているほうが気が楽だと思います。
支離滅裂な文章ですみません。何とも言えないイライラにつぶれそうです。

もうすぐ買い物などに行って、うまく自分の気持ちを発散させるようにします。ありがとうございました。





回答一覧
A-No.028524
2017/11/01 12:47
アイコン
ポン酢さん、こんにちは!投稿を読ませていただきました。お辛いですねでも息子さんは生きることを選択したようですね自分が死んだらきっとお母さんが悲しむ、もっと辛くなると息子さんの優しさだと思います。
今が辛くて苦しんでいる最中ですがきっと乗り越えられます。乗り越えた時息子さんは強くなれるんです。

うちの次女は中1の時にいじめで校舎の階段階段から突き落とされました。前代未聞の大事件でした。幸い一命はとりとめたものの身体的にも心身的にもダメージを受けました。笑顔も忘れてしまいました。
今は杖をつけば自力歩行ができるまでになり、この春から1年遅れで通信制高校に入学し夢を叶えるための勉強を頑張っています。

息子さんにしてあげられること、それは息子さんの前で泣き言は言わない、辛くても辛いという顔をしない、美味しくてあたたかな食事を作って一緒に食べる、笑顔、何か一つ息子さんのいいところ、できたら褒めてあげてください。きっとその積み重ねが息子さんのパワーにつながって行くと思います。仕事をしながら障害を持つ次男さんの面倒と息子さんの面倒は大変ですが、お母さんが元気であること、笑顔でいることが息子さんたちの元気と勇気の源です。私は心身障害者通所事業所で作業指導員をしています。園生たちのお母さんたちは障害のある彼ら彼女らを育てながら強くていつもひまわりのようにあたたかく私たち職員にも接してくださいます。1人で留守番できない次女をあたたかく迎え入れてくださり、ゆっくりでええよ、お母さんのそばにいれば安心やろ、得体の知れん怪獣ちゃん・怪獣くんやけど危害は与えんし傷もつけんで、みんなはるちゃんの見方やでと励ましてくれました。笑顔さえ忘れていた娘に生きる大切さや笑顔が一番、元気が一番ということを思い出させてくれました。一緒にひまわりのような存在になりたいですね、なりましょう!息子さんを見守ってあげてください。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 なみさん、お嬢さんのお話や、ご自身のお仕事のお話など書いてくださりありがとうございました。

お嬢さんは夢をかなえるために頑張っておられる様子を読んで、うちの息子も永遠に続くかのような今の不登校の状況を打開してくれることを願うばかりです。

また作業指導員を事業所でされていることも、とても参考になりました。お子さんを育てながらいつもあたたかいお母さんのように、私もなりたい。でも今はなかなか前向きになれずに、ぼんやりしています。

職場で時々笑うぐらいで、家の中で笑うことは最近はありませんでした。
3連休でも予定はありませんが、とにかく息子と喧嘩しないように、時々買い物などに出ながら過ごしたいと思います。



回答一覧
A-No.028522
2017/11/01 08:36
アイコン
ポン酢さん、毎回拝見してます。
お気持ち御察しします。
お辛いですね。
確かに、親の気持ちは子供にもわからず、子供の気持ちも親はわかりませんよね。
出口のないトンネルで先が見えないので、親も、子供も不安ですよね。
息子さんも、学校がよほど辛いんでしょうね。
どうすることも出来ないんでしょうね。
親は見守るしかないんですよね、
でも、息子さんは頑張って生きてるから、安心しますね。
私は、子供がまだ小4です。本当に先が長いと思いました。
社会性不安障害なので、ひとが沢山いるとこや、吐き気がして学校に行けなくなりましたが、二学期から放課後登校始めました。
でも、教室に行ってましたが、今度は車から降りられませんが、担任と笑顔で会話して帰って来てるので、
取り合えず学校に行ってるので自分では不登校ではないと言ってます。
先日ふれあい祭の行事があり、午後から行って来ました。
学校に足を踏み入れると、吐き気におそわれ、ゆっくり時間をかけて学校に入りました。
子供は命がけで行ってたんだと思いました。
これが、正解かは、わかりません。
でも、行ってお友達に会ったりして楽しんでいたようにも思います。
高校が単位制なので、焦る気持ちもありますよね。
息子さんは、今前を進めないでいますが、信じて少し待ってみてはどうですか?
確かに、私も始めはイライラして子供にいつ行くの?とかこれからどうするの?
と小4の息子に責めた事あります。でも、本人はどうしたら良いかわからないんですもの。
不安で行けないんですから、今は、もう言いません。下校時間になると、今日はどうするの?行く?と聞くと。車に乗るので連れて行きますが、天気が悪いと、気がのらず行かないと言う時は私一人で学校に行きますが。

本当に普通って、当たり前のようで難しいです。子供がこうなった事で、色々な経験をしました。
確かに、私も人が恐くなりました。ママ友にどう思われてるとか、自分から話しかけられないように、逃げるように、避けたこともあります。私は、何も悪くないのに。子供がこうなってる事に恥じてしまってる自分が居るのも正直なとこです。不登校で何が悪いのまで強気では言えません。
でも、子供には、何も恥ずかしい事はないから堂々としてなさいと。自分の本音と矛盾してる事言ったりしてますけど。
でも、うちの子は前は引きこもってましたが、今は、平日昼間でも堂々と外で、私の仕事をお手伝いしてくれるようになりました。
息子さんにとって今安心出来る場所が家だとしたら、本当に嬉しい事ですよ。私は、死ぬほど行きたくない学校なら、生きて家に居てくれたらと、思います。
きっと、出口は見えると私は、信じて居ます。
一緒に頑張りましょう~♪
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ぴよこさん、メッセージをありがとうございました。
人が怖いってつらいですね。私も近くのスーパーで知り合い似合うんじゃないかとびくびくしてしまう時があります。

遠くから知り合いを見つけると、避けるように歩いたり。
何も恥ずかしいことはしていないのに・・。やはり私の場合は、主人ともうまくいかなかった、夫家族との関係も断ち切り、その上子供もこんな状態。
自分のことを疫病神ではないかと思います。

私とかかわると不幸になるではありませんが、災いをもたらしてるんじゃないかと。
私自身も生きてるのが正直つらいです。子供がまた不登校になり、今まで高校入学を目指してやってきて、やっと合格したのにこんなことになってしまって。結局何をやっても無駄だったと何も信じられなくなっていました。

3連休も喧嘩しないように、普段できないようなご飯でも作って子供たちと過ごすようにします。



回答一覧
A-No.028521
2017/11/01 08:06
アイコン
ポン酢さん、おはようございます。

息子さんが生きて行こうと思うと言ってくれたこと、何より尊いことだと思います。

ポン酢さんがご自身に何かできることを、と探すお気持ち、よく分かります。ただ、それをし続けることで、ポン酢さんが何かをした結果を息子さんに求める、「~したのになぜ変わらないの?」「~したから~してほしい」が主になってしまっているようでちょっと心配です。

息子さん、自分の意見がきちんと言えて、図書館やレンタル店に行けるだけでも素晴らしいことだと思いますよ。息子さんが今できていることの方に目をむけて、信頼してあげてほしいなあと思います。

口や手を出さず見守ること、難しいですがそれに尽きるかと思います。ここで吐き出しながら、一緒にぼちぼちがんばりましょう。

もしかしたら前にご紹介したかもしれませんが、以下のサイト載せておきますね。











参考になるURL http://hikikomorikaihou.com/blog/ 
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 nakさん、メッセージをありがとうございます。
URLも拝見させていただきました。

確かに「私は〇〇してるんだから、(長男に対して)~~してよ」という思考になっていました。
私はこれだけやってるんだから、ちょっと頑張ってよ。という気持ちが言動に出ていたんだと思います。

だから息子ができなかったときは、がっかりもし、腹も立っていました。息子自身、意見は言いますが「どの口で言う??」ということが多かったので余計にイライラしていました。

口を出さずに、ただただ見守るのはつらいこともありますが、またこちらで気持ちを吐き出させてください。ありがとうございました。



回答一覧
A-No.028520
2017/11/01 07:56
アイコン
ポン酢さん、おはようございます。分かりますよ。
私も不登校になったばかりの頃、高校が決まったけどやっぱり行かなかったとき、同じ気持ちになりました。

私もつい、自分が乗り越えたことを引き合いに出して「なぜ出来ない?」と考えてしまう。多分分かった気になってたんだと思います。

物理的に距離を置き、最低限の世話以外は焼かないことから始め、子供が自分から気持ちを言うようになりました。とにかく聞く。安心して気持ちが落ち着くと生活が落ち着いて、結果体調がよくなったり安心して動き出したりするのかなあ、と思っています。

お母さんのためにも生きたい。優しい息子さんですね。そのように育てたのはポン酢さんですよ。
出来ないところではなく、いいところをみましょう。学校に行けないことではなく、生きようとしていることを支えましょう。

そのうち、何とかなる。
何度も言い聞かせて、一緒に乗り越えていきましょう。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ちゃきちゃきさん、ありがとうございます。

平日は子供たちよりも早く家を出て、6時半ごろに帰宅します。
そこから夕飯の支度、家事などをして、10時半ごろに寝る毎日です。仕事があるので四六時中、ずっと息子と一緒ではないですが、やはり家に帰るのがつらいなって思います。

こんなこと思ってはダメなんだと思いますが、仕事を終えて、このままどこか買い物してぼーっとしたいと思ったりします。
できないところばかり見ていましたが、私がおとといに切れてから、長男は積極的に家事を手伝ってくれるようになりました。泣いたり笑ったりしながら、親子で成長できればと思います。

”そのうち何とかなる”って、これからつらいときは唱えてみるようにします。