不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県
Question

現実を受け入れる

Q-No.011572
2017/12/05 18:17
アイコン
通信に通う高1の息子、一年ぶりに八つ当たりで暴れて暴言。
どうして、いつから俺はこんなになっちゃったんだ!と泣いて暴れて、スマホも投げつける。
この一年近くこういうことはなかったのだけど、ふだんは平気なふりをしていたのでしょうか。
私は、登校にこだわらずに自分でやろうと思うことをすればいいというスタンスになってきているのですが、それが、責任放棄しているように、見捨てられているように感じることもあるのかもしれません。
やはり、見守ることしかできないのでしょうか。。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.028669
2017/12/06 12:23
アイコン
はじめまして、きむちと申します。

息子さんの感情が爆発したんですね。
そういう時は、大きく変化できるチャンスです。
しっかり、息子さんの気持ちを感じてあげるといいと思います。

「辛いんだね。・・・お母さんは、いつもあなたの見方だよ。いつも、あなたの力になりたいって思っているよ。」

と、息子さんの気持ちが落ち着いている時に、声をかけてあげてください。

「どんなときも、私はあなたの力になるから。いつでも、しっかりバックアップしていくからね。」

こういう姿勢で、息子さんと過ごしてあげてもらえればいいと思います。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 きむちさん、ありがとうございます。
「仕事から帰ったら息子の死体があると思ってよね」と、初めて死という言葉を使った息子にショックを受けましたが、
「大切に思っているからそんなこと言わないで」と話しました。撫でたりするといつもなら払いのけられる手も握っていたので、八つ当たりも助けてほしいということなのかと思いました。
なりたい自分となれない自分に葛藤するこどもを見ているのは歯がゆいですが、本人の道を歩いていってほしいです。



回答一覧
A-No.028668
2017/12/06 11:52
アイコン
こんにちは、蜜柑です。

八つ当たりは今は娘がよくしてきます。言いがかりに近いものまでギャンギャン喚いてますよ。息子ジャックは高1の時に椅子なんかを部屋から階段に放り投げたぐらいです。ダメなものはダメとは言いますが、八つ当たりしちゃダメなわけではないので。

ストレスを親に向けるのは正しい解消法と思い、ここはがっつり組み合っていきましょう。ストレスを子供が自分自身に向けるのが一番怖いです。ストレスを親に向けてくれてるんだなって思って、親へのプレゼント有り難く受け取らせていただきましょう。

見守る以外にもアイテムはありますよ。

湯たんぽ攻撃、入浴剤攻撃、足もみオイルマッサージ攻撃、・・・。


参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 蜜柑さん、ありがとうございます。
葛藤しているから、歩こうとするから八つ当たりもあるんですよね。
たしかに、親へのプレゼントや吉兆なのかもしれないです。
死んでやるというようなことを言った息子に大切に思っているからそんなこと言わないで、と言った自分の言葉で、私もその気持ちを再確認したかもしれません。
湯たんぽ、入浴剤は試せるかもしれません!
足もみオイルマッサージは、、



回答一覧
A-No.028667
2017/12/05 23:27
アイコン
お気持ち分かります
私も八つ当たりばかりされてきました
本当に見捨てられてたら八つ当たりも出来ないって思います
でも親も人間
なかなか現実を受け入れられません
見守るしか出来ないって思います
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 オレンジさん、ありがとうございます。お礼が遅くなって申し訳ないです。
元気に登校している妹もいるので、登校できなかった中学時代を思い出したのかもしれません。
それって(朝起きられなかったこと)お母さんのせい?と言ったら、
誰かのせいにさせてくれ!自分じゃどうにもできないんだ!と死んでやる的なことを言っていたので、
「親の思い通りにしようとか無理やり行かせようというより、自分で行きたいと思った時や、何かやりたい時に協力したいと思ってる。世間からは甘やかしていると思われるかもしれないけれど、そういうつもりはないよ。お母さんにとってとても大切な人だからそんなこと言わないで」
と話し、泣いてはいましたが落ち着いたようでした。
葛藤しているということは、歩んでいるということかもしれませんね。
八つ当たりされても、歩こうとしているからなんだ、と思って見守りたいです。