不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
Question

とても複雑な心境

Q-No.011785
2018/04/15 14:16
アイコン
中2次男。中学は入学後1ヶ月もしないうちに堂々不登校宣言をしておうち生活になりました。当初から「中2で復活する」と明言した通り、今は通っています、今は。。

我が家は、長男の不登校でたくさん学びや気付きを得ることができ、不登校は認めています。

複雑な心境になっているのは、次男の親友A君のことです。小学校から次男にべったりだったA君は、次男の不登校に引っ張られるように不登校になりました。Aくんには発達障害があることもあり、お母さんは子どもの個性や状態に理解もあります。うちの次男を責めることもなく、お互い見守りましょうのスタンスで関わってきました。とてもありがたいなぁと思っています。

中2になった今、2人を同じクラスにしてもらえたことで通えてはいますが、私からみて次男は綱渡りにみえます。すでに面白くないことがあり、その次の日は休みました。それはさておき。次男が休んだ日、Aくんは登校したのですが、一日中、机に突っ伏していたそうです。。

もし次男が行かなくなったら、またAくんも行けなくなってしまうのが辛いです。

Aくんはお母さんや先生にも「〇〇くん(次男)と一緒だったら学校に行ける」と明言しています。

Aくんのお母さんに、次男は綱渡り状態だと思うことを伝えたところ、Aくんのお母さんは「腹をくくっています。どうなっても親は応援しかできません。」と言われました。

不登校のかたちはいろいろですね。

次男は好きな科目はせっせと塾に通い、いろんな友達と遊び、趣味も楽しんでいます。なので次男のことだけだったら私も不安にならないのですが。

次男の行動がAくんにとても影響してしまう。嫌ではないけれど、心配だし、不安が増幅している今日この頃です。

こういうときこそ少し距離をおこう。といいながら、もやもやざわざわしています。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.029210
2018/04/17 08:21
アイコン
うにさん、お久しぶりです。思わず、書き込みしてます。

次男君、動き出したんですね。うちも週1からだけど、登校開始。ハラハラですよね。

A君は次男君が好きなんですね。うちの子も、かつて幼馴染みという理由から、イベントになると常にグループを一緒にされていた子が発達障害の子でした。
が、その子は多分人への拘りはなく、ちゃんと高校に通ってるみたいです。

次男君はどうなんでしょうか。気にしてますか。
うちは、イベントだけだったけど、「また一緒にされた」と怒ってました。
嫌いなわけじゃなくても、先生が勝手に決めるのが嫌だったのだと思います。

次男君は、嫌なら嫌と言えそうですね。気にしてないとかなら、大丈夫なのでは。申し訳ないけど、人様のお子さんのことより自分の子のこと。それでいいと思います。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ちゃきちゃきさん、お久しぶりです。思わず書き込み、そういうのとても嬉しいです♪ありがとうございます。

Aくんと次男は小6で親友になりました。それまではずっとA君が一方的に次男にべったりでしたが、小6で初めて仲良くなって、今では大親友です。見ていると、次男はA君の前だとかっこつけず素の状態でいられるように見えます。気楽なんでしょうね。

ちゃきちゃきさんの息子さんと同じように、うちの次男もずっと発達障害がある子や、ネグレクトなどで問題を抱えている子と常に一緒にされていました。次男は嫌がっておらず、むしろ仲良くしていました。教頭先生から「〇〇くん(次男)には頭が下がります。」と言われたこともありました。

今日は次男「休憩したいなぁ」と休んでいます。A君はどうかわかりませんが^^;次男には「飛ばし過ぎるなよ。誰でも疲れすぎたらプツンとくるよ。」と言っておきました。

ちゃきちゃきさんの息子さんもゆっくりペースをつかんでいけるといいですね。

ハラハラしますが、そういうときこそ自分の楽しみに目を向けていきましょう。自分にも言い聞かせています。

そうそう、昨年秋からフィットネスに通いだしてシェイプアップ目標達成しましたよ!

ちゃきちゃきさんもヨガ楽しんでくださいね♪



回答一覧
A-No.029201
2018/04/16 06:22
アイコン
うにさん 初めまして。

私も長男次男と不登校を経験しました。
書き込みを拝見して、とてもおおらかにお子さんに寄り添っていらっしゃるのが素敵だなぁと思いました。私もこんなふうにできたらよかったなあと思いながら 読ませていただきました。

今 次男君だけでなくお友達の A 君のことも心配していらっしゃるのですね。

A 君のことは、あなたのせいではありませんよ。

私がもし A 君のお母さんだったら、次男くんみたいなお友達がいてよかったと感謝しています。
次男くんの行動が A 君にとても影響してしまう、その状況の中でずっと今まで 見守って来られたんですね。そんな 包容力のあるうにさんがそばにいてくれて、お子さんたちはとっても幸せですね。

子供の不登校と向き合うことは、親や子供に 大きな 学びを与えてくれる、私もそう思います。

次男くんは 登校不登校に関わらず、きっとこれからも Aくんにいい影響をを与え続けますよ。そして、 A 君からも良い影響を受けるのでしょうね。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ぷりんさん、コメントありがとうございます。

ぷりんさんもお子さんお2人の不登校を経験されたのですね。過去形になっておられてうらやましいです^^;プロフィールも拝見させていただきました。想定外のことがたくさんおありでしたね。でもそのような経験がご自身の根っこの強さになっておられるように思います。

私自身はそれほどおおらかではないですよ^^;
でも私なりに子どもの状態を理解しようと頑張ってきました。結果、長男の不登校半年が過ぎた頃から徐々に、どん底状態から脱することができました。今もまだ道半ばですが、穏やかな日々を送ることができています。最初の半年ほどは自分を責め、息子を追い詰め、消えてなくなってしまいたいなどと思っておりました。息子は生まれて来なければよかったと言い放ちました。私は自律神経がやられ、痩せ、顔面けいれん、不眠、動悸に苦しみました。

長男の不調から学び・気付いたことは何にも変えられません。以前は自分の価値観で子どもと関わっていましたが、今はそうでもなくなったかも知れません。少しはましな母親に変われた?と思いたいです。

Aくんの不登校、私のせいでも次男のせいでもないとは
わかっているももの、なかなか割り切ることもできません。ただ今日は、Aくんが学校を休み、次男は登校しました。なので一概に、次男の行動にぴったり合わせてくるわけでもないのだとわかりました^^;少し気が楽です。

次男とAくんの関係を前向きにとらえていただいて嬉しいです。

長男に言われました。
「〇〇(次男)が不登校になったこと、Aくんが不登校になたことで自分をせめるな。誰のせいでもないし、誰がわるいわけでもない。ぜーったいお母ちゃんは悪くない。」
返す言葉に困りましたが救われますね。

吐き出したり、ご理解あるコメントをいただけたり、少し落ち着くことができました。

ありがとうございました。




回答一覧
A-No.029200
2018/04/15 18:43
アイコン
うにさん、こんにちは

次男さんのことばかりでなく、A君のことまで考えて心配されてるとのこと。
これはきっとA君が言った言葉を重く受け止めているからですよね?
A君のお母さんはどんな状況になっても腹をくくってると言っておられるけど、何となく次男さんが行けない事になれば責任あるような感じになるからモヤモヤされてますね。
子供達は年々関係が変わりますからね。
みまもるしかありませんよね。
それとも今までのA君のお母さんとは同志のような関係なだけに悪い関係になりそうでスッキリしないのでしょうか?
私は、この際相手にとって例えば悪い人になってもいいと腹をくくってみるといいのかなぁと思います。一時は気まずくなっても、A君のお母さんのような方ならば、きっとこれで良かったと思っていくんではないでしょうか?A君にとっても他の人へ目を向けるきっかけになれば友達関係が広がりますでしょうし。
今後進学先が一緒になりにくいだろうし、いつかは別になるでしょうしね。A君のように友達が作れないお子さんを持つ友達がおりますが、そのお子さんは確かに大学や就職で苦労されましたが、何とか続けられる仕事を見つけて働いてます。A君もきっと大丈夫ですよ!
それよりもまずは次男さんのことを中心に考えていかなくてはならないですね。
迷われるのは、うにさんが優しくて、A君やお母さんの事も大事に思うからこそだと思います。

子供達が成長するように保護者の距離もだんだん変わってくような気がします。
答えになってないかもしれませんが、新学期始まりまだまだ落ち着きませんね。
上手にひと休みしながら行きましょうね〜
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 さくらさくらさん、コメントありがとうございます。
私の心境はその通りです。
A君の不登校に責任を感じてしまうのです。
おじいちゃん、おばあちゃんもよく知っているのですが、不登校にそこそこご理解はあるものの、そりゃあ登校していてくれるほうが安心ですしね。
Aくんのおかあさんとの関係に関しては気にしていません。

さくらさくらさんのおっしゃるように、いずれ離れるときがきます。ゆっくり「思うようにいかないことが起こる」を受け入れる器ができてくれればと思いますし、できてくると信じています。

担任の先生からの言われました。お母さんは自分のお子さんのことだけを考えてあげてくださいと。

Aくんの葛藤はAくんのもの。葛藤という宝物をそっと見守ろう。

あたたかいメッセージをありがとうございました。

少し落ち着けそうです。