不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県
Question

一歩進んで10歩下がる

Q-No.012272
2019/04/24 00:09
アイコン
その後です。

なかなか、子供の心の傷は、難しいですね!
今まで、楽しく話してたと思うと、変なスイッチが、入って
私は、普通じゃないから、とこ部屋いっぱいの消えない地雷もって生きて行かないとダメとか、なんで産んだ?とか、死ぬ手間かからないのにとか、

私だって普通に楽しく友達とはなしたり、学校行けたり、笑いながらご飯食べれたりもうなにもかも遅いって

私のため私のためっていうけど、なんで、勝手にするの?欲しい時とは、自分で言うから

なんで、私が普通に、なれなくなったか、わってる!?

本気で考えて!

なかなか、この傷は、難しいですね!

その後、学校も、ぜんぜんです
あすから、みんな修学旅行です

本気で死にたいなら、一緒に、死んでやったほうがマシかもって思う日もあります!

これは、口には出してませんが

僕が、反論したら、また、面倒なことになるので、そうなんかと、悪かったなとしか言ってません。

この子、引きこもり一生かもしれませんね。




※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.030172
2019/04/25 13:00
アイコン
ポポさん、こんにちは。
今日は娘さんどんなご様子でしょうか?
他の皆さんも書かれていますが、うちもポポさんと同じ経験がありお気持ちよく分かります。子どもに怒りの感情をぶつけられると、親としてはどうしたらいいか分からないし相当凹みますよね。

実は、つい先日も息子が些細なことで怒り出し、(私は冷静に会話したかったんですが)息子は感情が抑えきれず、久々に怒鳴ったり物を投げたりしてきました。最近ようやく落ち着いてきたと思っていただけに、「やっぱり変わらないんだ…」と思って結構落ち込みました。
ですが、割りとすぐに息子は落ち着きを取り戻し、その後まるで何事もなかったかのような態度で過ごしています。

この感情の浮き沈みが激しい息子に対して、私の方がいつも振り回され、一喜一憂したり傷ついたりしていますが、「息子は以前より気持ちの切り替えが早くなっているし、少しずつ成長しているんだ!」と思って、私自身が気持ちを切り替え、日々前向きでいるようにしようと努力しています。

そして、例え子どもが一歩進んで十歩下がってもいいと思っていて、時には立ち止まったり下がったりしながら、また少しずつ前に進んでいくと思っています。もしかしたら、ある日突然ポポさんの娘さんは一歩どころか二歩・三歩、あるいは十歩以上進み出すかもしれませんよ。

私も、子どもがずっと引きこもりだったらどうしようと(現に引きこもり状態ですし)不安に駆られる時がありますが、誰にも未来のことは分からないし、悩んでいても仕方がないとある意味割りきって、「今日」という日を大切に進んでいきたいと思います。

きっと、娘さんが一番「このままではいけない。でもどうしたらいいか分からない。」というジレンマを抱えていて、そのイライラ感をポポさんにぶつけられているんでしょうね。今は、ポポさんは娘さんの話しを聞くことに専念し、娘さんなりの「答え」が見つかるまで成長を信じて見守りませんか。「別にいいやん」「まぁいいか」の精神で、親は親で悩みを吐き出し、何処かでストレス発散しながらぼちぼち進んでいきましょう。
私もポポさんと娘さんのこと、応援して見守っていますよ~(^-^)/
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 polarisさんお気づかいありがとうございます

今日は、また昼夜逆転が始まり昼過ぎに、起きてきたみたいです。

polarisさんは、すごいですね!!
今の息子さんの少しの変化を見てあげられて
私ともそうしてやろうという気持ちがありますが、受験生だという焦り、もちろん私の気持ちです。この焦りと将来の不安今考えてもしかたいのですが、なかなか割り切るの難しいですね!!うちのように中学一年から行けなくてなってるともう学力的には、中学一年春までの学力しかなく、この時期まで来たら、高校入学をめざすなら特化して、捨てる科目など絞る必要があるとのことをお世話になってる塾の先生に言われました。あくまでも勝手な親側の対策です。もちろん娘本人が、望まないなら、それも諦めるしかありません。

明日から別れたまた妻のところに遊びに行くので、そこで、娘の捨てられてって思ってる気持ちを少しは、楽になればと思ってます

まずは、GW後、娘がどうするかです

見守りながらも、動きたくなったときの用意は、しておこうと思います。
またくじけたときは、よろしくお願います!

いつもありがとうございます

ま私も微力ながら応援しています



回答一覧
A-No.030166
2019/04/24 14:40
アイコン
ポポさん、こんにちは!
その気持ち私も痛いほどわかります。うちの次女の場合いじめのダメージが大きすぎたのと真っ逆さまに勢いよく転落したため脳へのダメージも相当なもので失語症で声と言葉を失い紙に生まれて来なきゃよかった・あのまま死ねばよかった・・・と書いてありました。長女はアホ言ってんじゃないよ、ハルが死んだら喧嘩の相手おらんやん、そこどけっ!って言ってくれるんおらんやんなどと言って励ましてました。

うちの次女は一見するとごく普通のどこにでもいる女子高生に見えます。杖をついて足を引きずって歩く以外は・・・
心の傷は大きくて深くパニック障害も完全に治ったわけではありません。きっといつか心の傷も言える時が来ると思っています。娘さんもきっといつか心の傷が癒えて心から笑える日が来ますよう。このままじゃないと信じて前へ進みましょう!
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 なみさんいつも大変時にありがとうございます

長女さんも素敵な娘さんですね!!
兄弟、姉妹って大切ですね。
娘さんの心の傷、癒えるといいですね!
ありがとうございました



回答一覧
A-No.030165
2019/04/24 14:03
アイコン
ポポさん。
お気持ちわかりますよ。
私も、ありました。
泣いてなんで、自分を産んだんだ!もう生きてる意味がわからないと言ってた時は、親子で死んでしまったらどんなに楽かと思った事は、ありました。

きっと、本人が一番辛いんだと思います。今は、ゆっくり休むしかないですが、
今は、一生引きこもりと心配しますが、
穏やかな時間がきっと、心の傷を癒してくれると、私は信じたいです。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ぴよこさんいつもありがとうございます
やはり、一緒に…考えられましたか?
そうですよねー
やっぱり本人が、1番辛いですよね!

ゆっくり休むしか心の傷癒すのは、ないんですね!

私も信じたいものです

気持ち少し楽になりました

いつもありがとうございます



回答一覧
A-No.030163
2019/04/24 12:11
アイコン
娘さんの辛い気持ちが刺さってきます。横で聞いておられるポポさんもお辛いですよね。
やっぱりウチの娘と似ているなぁと思ってしまいます。ポポさんの娘さんの言葉全てウチの娘も言いました。

気が強い訳でもないですが、言葉は全て直球できます。私の本心を抉るようなことを言い、戸惑わせようとしているのかと思うことも沢山ありました。

娘さんきっと、3年生からは頑張ろうと思われていたんでしょうね。でも不本意なことで心が折れてしまって、もしかしたら今までで1番落ち込んでいる時なのかもしれませんね。修学旅行も本当は行きたかったのでしょうね。友達関係、クラス替えの配慮、先生の態度など本当に悔やまれますね。
ウチの娘が不登校の時は学校行事の前後は一段とナーバスになっていました。行けないことでまた落ち込んでますます遅れをとったと考えていたのかもしれません。

私は「そんなに死にたいなら、一緒に死のうか」と言ってしまったことがあります。なんの解決にもならないどころか、親にそんな事まで思わせる自分をますます責めるようです。…まぁ、ポポさんはわかっておられると思いますが、私の沢山の失敗の一つです。

「一生引きこもり…」私も思いました。今は本当に辛い時だと思いますが、九州のお友達に会いに行けたり新学期頑張って登校できたり、娘さんは本当は力のあるお子さんだと思います。
娘さんの力を信じて見守ってあげてくださいね。
応援しています‼︎

それから、ポポさんも息抜きできていますか?
親の息抜きは子供のためにも必要…と私は思春期外来の先生に言われましたよ。
参考になるURL  
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ラベンダーさん本当にありがとうございます
ラベンダーさんの娘さんに似てるんですね。
ラベンダーも、かなり辛い思いされたでしょう??今が、1番ナーバスですか?!今回は、前回の反省も、あったので、反論はしませんでした。
一生引きこもり、やはり考えられましたか??
そう言っていただけると、少し気がラクになります。
息抜きですか!…
なにをしたらいいか、わかりません。なにか見つかるといいんですが
このgwも仕事なので
2、3日、娘が、元妻のところに遊びに行きますが、私自身は、仕事です
ラベンダーさんの言われるようになにか、息抜き探します

いつもいつも応援ありがとうございます