不登校 相談・交流掲示板

新しい書き込みをする(*^_^*)お悩みのことがあれば、気軽に書き込んで下さいね(^◇^)
【近隣のエリアトップへ】
岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 | 三重県
Question

時間の使い方

Q-No.012885
2020/08/21 11:29
アイコン
りんごです。体も心も参ってまたこちらへ来てしまいました。不登校の中3の息子は勉強はおろか一歩も外へ出ずに暮らしています。今年の3月でフルタイムの仕事を辞めて、彼に寄り添うつもりでいました。しかし、こちらがどれだけ頑張っても反応はなく毎日煮詰まっています。大好きだった仕事を辞めた空虚感と一日中なんで?どうして?と考えて落ち込むばかりです。アルバイトやパートでも私自身の為に外に出ようかと思ったりもします。皆様はいかがですか。お考えをお聞かせ頂けましたら有難いです。



※回答をするにはログインする必要があります。会員登録(無料)がまだの方はこちらから。

Answer

回答一覧
A-No.031753
2020/09/22 23:00
アイコン
りんごさんこんばんは。
ふぁーこと申します。

中3の不登校の息子さんのこと、心配で不安な気持ちになりますよね。
ずっと同じ場所にいると、息子さんが変化していないような、前進していないような気がして当然かとおもいます。

でも息子さんに寄り添おうとされたこと、息子さんを理解しようとされたこと、りんごさんが奮闘してがんばったことは決してムダではないとおもいます。

どうかご自身を責めず、自分自身を労わってあげてほしいなとおもいます。

また、人間細胞がどんどん変化していくように、心も目では見えずとも変化しているはずで、
いま息子さんは息子さんなりに自分の安全地帯、居場所を感じとろうとしているのかもしれません。

だから前進していないように見えて、季節が変わっていくように自分の心や息子さんの心も今「家」という安心できる場所で成長していると捉えることもできるのではないでしょうか。

また、「学校に行くのが普通」という考え方で生きていると、「学校に行かないで生きていく」ということがおかしいことであったり、ダメなことであったり、周りと比べても仕方ないとわかっていても比べてしまったり、将来この子が自立してしあわせな人生を歩んでいけるのだろうかと未来への不安を持つこともあるかとおもいます。

だけどまずはりんごさんが「過去」でもなく「未来」でもなく「今この瞬間」を大切に生きてみることで、もしかしたら息子さんも自分のタイミングで動き出すのではないかとおもいます。

「今この瞬間を大切に生きる」というのは、自分を責めたり、相手を責めたり、自己否定したり、罪悪感でいっぱいになることではなく、自分の気持ちを否定せずに「そうだよね」と肯定したり、過去を責めずに「これがなければ生きてこれなかったかもしれない」という視点で過去を許し、「〇〇でなければ」「〇〇すべき」という意識を手放して自由になるということです。

もしりんごさんが「自分がそう決めたからそうする」という意識ではなく、息子さんのためにお仕事を辞めたのだけど、それで苦しんでいるとしたら、息子さんがそれを知ったときに「自分のせいで仕事を辞めさせてしまった」とか「自分のせいで母親が悲しそうな顔をしている」と罪悪感をいだくかもしれません。

そういった罪悪感の連鎖をとめるためにも、わたしはりんごさんがやりたいこと、アルバイトならアルバイト、パートならパートでも、趣味やボランティアや仲間との時間でも、1人で没頭できる時間でも、心が安らいだり、肯定できる時間をつくって「息子のことで悩んでいる」という姿とお別れできる道に進んでみることをおすすめいたします。

もちろん、心配でいるからこそその選択をすることはなかなか勇気のいることだともおもいますが、「自分がしあわせでいることが息子への一番の子孝行」であるとおもえば乗り切れるのではないでしょうか。

息子には息子のペースがあるように、わたしにはわたしのペースがある。
わたしにはわたしのペースがあるように、息子には息子のペースがある。
わたしにはわたしの考えがあって、わたしにはわたしの生き方がある。
息子には息子の考えがあって、息子には息子の生き方がある。
息子は息子で、わたしはわたし。
どちらが悪いでもないし、良いでもないし、それぞれちがってそれでいい。

こうして唱えていると、息子さんと自分の気持ちを切りはなして1人の人間としてまた息子さんを信頼したり、「本人の意思を尊重する」「本人がしたいようにしていい」という許可を出せるようになってラクになるのではないかとおもいます。

またいつでもご相談くださいね。応援しています。
参考になるURL http://whywhynande.livedoor.blog/archives/25876522.html 
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 ふぁーこさん、長文のご丁寧なお返事をありがとうございました。確かに自分が仕事を辞めたこと、息子のせいにしてしまっていました。親は親、子どもは子ども、分けて考えなくてはいけませんね。なかなか割りきれないところはありますが、少しずつ前向きに考えていきたいと思います。まずは自分自身が幸せに感じながら生きていく後ろ姿を見せられるようになりたいです。ありがとうございました。



回答一覧
A-No.031751
2020/08/22 16:21
アイコン
毎日お疲れ様です。
保護者様の焦る気持ち、よくわかります。

お子様に寄り添う気持ちはとても素晴らしいと思います。
ご自身のために時間を使って良いと思いますよ。
周りの大人が楽しんでいる姿を見せる事は重要なことです。

寄り添う事は、親子ともに疲れていくことではありません。
無理せず、抱え込まず、ご自身が少しでも楽しく暮らせる方法を実行して行く事が、良い結果に繋がるかもしれません。

また、お話しお聞かせください!


参考になるURL https://note.com/kokoromiru_azabu/n/n12f3cde27894 
追記する 追記を記入します(投稿者のみ)
お礼 まささん、早速にありがとうございました。母親である私が明るく過ごさないといけないと思ってはいても、常に息子のことが頭にありなかなか実践は出来ていません。自分の時間を持ちながら上手に寄り添う方法を探ってみようと思います。